ワンボックスタイプの車種の中でもハイエースワゴンは運転のしやすさ、居住性、使い勝手の良さで最適な一台。

室内空間ひろびろ ハイエースワゴン

居住性を重視した車種を選ぶならハイエースワゴン

ハイエースワゴンは運転のしやすさももちろんだが、室内が広く様々な用途に使うことのできる車種でもある。車高の高さから運転している時のアイポイントが高いから、前走車が乗用車だった場合でもその先を見通すことができるし、車重の割には足回りがしっかりとしているから不必要な揺れも少なく乗っていても疲れが少ないことも一つのポイントだ。運転席が前輪のほぼ真上にあるので、旋回するときなどは車両感覚もつかみやすい。また、エンジンの特性も低速トルクに少々ウェイトを置いているバンタイプに比べて比較的乗用車に近く設定されているので、例えば高速道路などで一定速度の巡航をするときなどにはある程度のクルーズ速度を維持しやすくできていて遠乗りにも適していると言えると思う。

また、何よりワンボックスタイプの車種の最大の特長は、乗車人数も多くてゆとりのある設計のされた後部のスペースだ。乗用車と違って脚を伸ばすことができるから、長距離移動で長い時間座っていても案外疲れが少ないし、ヘッドスペースも十分にゆとりがあるから両手を上に挙げて背伸びをすることも可能。ハイエースワゴンは2列シートなので小さな子供なら中間席から最後部席へ移動するなど、室内もそれなりに余裕があるのもうれしい。シートを倒してフルフラットにすれば、車としては広大なスペースを確保でき、キャンプの時などはもちろん、ちょっと休憩したい時には窮屈な前席では実現できない簡易のベッドスペースとしても利用することができる。1泊ぐらいなら車中泊もできるなど使い勝手も想像以上だ。

お役立ち情報

Copyright (C)2017室内空間ひろびろ ハイエースワゴン.All rights reserved.