ハイエースワゴンの車種はトヨタ自動車の販売した箱型のワンボックスカーの元祖と言っても過言ではありません。

室内空間ひろびろ ハイエースワゴン

車種でハイエースワゴンについて

ハイエースワゴンは1967年に販売された、5ナンバーフルサイズでトヨタ自動車の歴史ある車種のワンボックスカーであります。
同じハイエースの商用版に乗用の3列シートを組み合わせ内外装を若干デラックス化しており、更に足回りも柔らかくしており、バン用のそれよりもハイパワーでスムーズなコロナ用2R型エンジンを搭載したワンボックスワゴン車の元祖と言っても過言ではありません。その後、改良やマイナーチェンジを繰り返しながら今現在、生産されているモデルは200系で5代目のハイエースワゴンとなっています。
ハイエースワゴンは、多くの人数を載せることが出来ます。
2名+2名+3名+3名の4列シートを配備することで、10名の人数が乗ることが出来る車となっています。
多くの人数が乗ることが出来る車ですので、インテリアなど、車の室内は、シンプルな作りをしています。
又、ハイエースワゴンは耐久性やパワーの強さ、積載量の多さから商用の車としても多く利用されています。

ジャンボタクシーや救急車、寝台車としても利用されています。
個人の使用では、マリンスポーツを楽しむ人やラジコン飛行機などの輸送車やキャンピングカーのベース車としても多くの人に人気があります。
ハイエースワゴンは、他の車と比べ、比較的、耐久性が強い車ですが、中古車を購入するときの注意点としては、ハイエースワゴンの場合は底の部分が地面と平行に付いていますので、水をかぶり易いのでラジエター部分がさびやすいのです。

購入するときには、底まできちんと確認して買うのがベターです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017室内空間ひろびろ ハイエースワゴン.All rights reserved.