ハイエースワゴンは元々が商用車、いわゆるバンなので、荷物が多く詰めるのは当然です。乗用車的に仕上げた車種です。

室内空間ひろびろ ハイエースワゴン

ハイエースワゴンは荷物が一杯詰める車種です。

内装や装備が貧弱なバンに比べて、乗用車的な仕上げを施したのがハイエースワゴンです。

もちろんこの差は歴然で、乗り込んだ途端に違いは分かります。
シートなどの質感や材質、機構なども全く異なります。
内張もビニールであるモノがきっちりとカバーに換えられ、高級感さえも感じさせるほどです。

バンであったことを考えると乗り心地もかなりワゴン向けに変わっています。
そのためバンのように車重が軽いときに跳ねることもほとんどありません。バンは荷物を大量に積むため、リアのバネが堅く作られているからです。

そんなバンがベースに作られているため、室内の広さは天下一品です。

ボディは基本的に同じなので、ラゲッジルームに荷物を載せていても車内の広さは大きく代わりません。スタイリング的にもかなり行けている車です。

現行車種は、安全性の見直しも行われていて、1ボックススタイルであるにもかかわらず非常に安全な車になっています。
1967年に登場した頃はトヨエースの小型版として発売され、トラックなどの車両も存在していました。
耐久性の高さで、発展途上国などでも人気が高く、近年は窃盗団が狙いを付ける車種でも有ります。
ワゴンが追加発売されたのは1967年のことで、それから1ボックススタイルで実に45年以上も生産され続けている車です。

ミニバンが主流となり、安全性の問題から一時はその存続が危ぶまれていましたが、ファンの人気に推され撤廃を免れた歴史が有ります。
それだけファン人気の高い車で、現在でもその人気は衰えていません。

お役立ち情報

Copyright (C)2017室内空間ひろびろ ハイエースワゴン.All rights reserved.