学習塾の送迎用に預けられた車種がハイエースワゴンで、毎日のように乗ったおかげで、運転にずいぶん慣れた

室内空間ひろびろ ハイエースワゴン

運転に慣れることができた車種はハイエースワゴン

数年前まで、今の会社に転職する前のことですが、学習塾で講師をしていました。
国語・社会・英語を教えており、午後二時に出勤してその日の授業で使う教材を用意して、早くて夕方の4時半ごろから授業をしていました。
ただ、仕事は教室で教えることだけではなくて、生徒の送迎も任されていました。
自分が通っていた塾で、自分がベビーブームの末期の世代だったので、自分が現役だったころは教室も五つあったのですが、自分が教える側になるころには、子供の数が減っており、規模縮小で教室は二つだけになっていました。

そのため、それまでは小学生でも自転車で通える距離だったのが、一つの教室で中学校の校区が三つにわたるくらい広範囲をフォローせねばならなくなり、小学生には移動が遠いし、中学生でも夜八時くらいになると女の子の場合は親御さんが心配されるので、車での送迎サービスを無料で行うことになったのです。

私が送迎用に預けられた車種はハイエースワゴンでした。
基本的にそれまではペーパードライバーに近かったので、私が車の運転に慣れたのはこのハイエースワゴンのおかげです。

前輪駆動で車高が高いので乗用車とは感覚が違いますが、後ろに生徒をほとんど乗せずにアクセルを踏み込んだときの加速は素晴らしいものがありました。
また、社内が広いので、空き時間に昼寝をするときも楽でした。
運転席の座席を倒すだけでも十分ゆったりなのですが、時間に余裕があるときなどは川辺の静かなところに車を停め、普段は生徒たちが乗る後部座席を倒して、ベッドのように眠れたので、非常に快適でした。

Copyright (C)2017室内空間ひろびろ ハイエースワゴン.All rights reserved.